【フジサンケイビジネスアイ】取材記事に掲載されました


平成28年10月5日(水)のフジサンケイビジネスアイ(日刊総合経済紙)に、英語速読を鍛える「脳トレ」ジムとして、Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)の取組の経緯、その内容、今後の展開等が紹介されました。

DSC_0021

・英語は「話す」より「読む」機会のほうが圧倒的に多い。
・英文を読む力は英語力の基盤。
Max Readingは、英語を教える学校ではなく、英語の速読力を鍛える「脳トレ」ジム。ダイエット法にたとえると、インナーマッスルを鍛え、基礎代謝を向上させるのに似ている。
・日本人は中学、高校の時から正確な和訳や文法中心の授業を受けているので、英文を一字一句頭の中で声を出して読んだり、『きちんと訳さなければ意味が理解できない』と思い込み、知らない単語があると止まってしまうという人が少なくありません。楽しい『脳トレ』を繰り返すことで、そうした『癖』や『意識』を取り除き、もともと私たちに備わっている脳の力を発揮させるのがMax Readingなのです。
・英語の速読力を鍛える「脳トレ」を通じて個人の潜在能力を引き出し、リスニングも含めた英語のインプット力を高め、英語を学ぶ人たちが会話も含むスキルを飛躍的に高める起爆剤になることを目指す。

等のことを、ポイントを押さえながら、分かりやすく書いて下さっています。

記事全文や紙面イメージは以下から読むことができます。
http://www.innovations-i.com/focus/1838.html

今後も、より多くの英語力アップに悩む方々、もっと高めたいと思っている方々のもともとの素晴らしい能力を引き出し、貢献し続けます。