ビジネス英語は速読法でマスター


 ビジネスマンのためのビジネス英語の重要性

二十代後半から三十代のビジネスマンは、仕事にも慣れてきて後輩や部下もできて、仕事に脂がのってくる非常に忙しい時期を過ごしている方が多いでしょう。ちょうど仕事も責任ある立場になったり家庭環境の変化も多くみられ、人生の分岐点ともいうべき大切な時期です。

また、会社の業務が国際化して海外との取引部門に異動になったり、会社が外資になったり外資系に転職して上司が外国人になったり、社内公用語が英語、外国会社を買収といったことも珍しくありません、時差のある海外との膨大なメールや電話(会議)で忙殺されたり、海外出張や赴任もあるでしょう。

こうしたビジネスの国際化の中で、英語の習得は必要不可欠です。 特に、英語での仕事のやりとりは、口頭で「話す」よりもメールや資料で英文を「読む」機会のほうが圧倒的に多く、最終的に全ての取引は見積書や契約書等の書面で行ないます。

時間的制約の中、スピーディーに大意を掴む読み方も重要となる一方、先方の意図を正確に理解し、当方の意図を正確に伝えることも大事になってきます。 ビジネス英語、特に英語の「読む」「書く」の習得が意外と重要なのです。

 忙しいビジネスマンのためのビジネス英語習得法

仕事やプライベート、家庭生活でも忙しい中、ビジネス英語を習得するにはどうしたらいいのでしょうか?

短期間で効率的にビジネス英語をマスターするには「速読」がお薦めです。

Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)の英語速読法は即効性があり、目と脳のトレーニングでコツを掴むことにより、誰でも簡単にマスターできます。膨大な英文メールや資料等を楽に速く読めるようになることで仕事の効率性もアップ。そして「読む」インプットを極めることで「書く」アウトプット力も効率的・効果的に高めていけます。

ビジネス英語の特徴としては、パソコンやタブレットの画面上で文字を読む機会も多いため、パソコン等で文字の大きさやフォントを自分が読みやすいものに調整しながら、目と脳の負担をやわらげて読むと速読効果がさらにアップします。

 ビジネス英語は速読法でマスター

Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)に即効性がある理由は、日本人が英語を遅く読む癖(音読、未知の単語で止まる、戻る、後ろから和訳する等)や意識(きちんと100%理解しなきゃという完璧主義等)を取り除きながら、「目で見る」速度と「脳で理解」する速度の両方を高める目や脳の各種トレーニングを行うからです。

その結果、大量の情報を高速処理して速く読めるように即効でなります。

また、ビジネス英語の習得には、その専門分野の経験や知識が役立ちます。 Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)の英語速読は、広い周辺視野から英文全体を塊で捉えるChunking(チャンキング)というトレーニングをするので、自分の専門知識に基づく全体理解の中で、未知の単語も一瞬のうちに想像がつきやすく、イメージや感覚で単語を覚えやすいでしょう。

英語で仕事を急ぎでしなくてはならない状況+仕事の経験や知識+速読スキルの3つが揃って、実際に速読をしながら仕事を進めることで、自然にビジネス英語力を高めていけるでしょう。

今すぐ体験レッスンを受けてみる